スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

姉妹物語~フェアリータウン編~ ④

姉妹物語~フェアリータウン編~ ④

注)この話はわたしの妄想ワールドなので、実際に存在しない場所、アイテムなどが登場いたします。キャラクターの性格などもゲーム内と異なる場合がございます。ご了承くださいませ



ガートラントの城下町はざわめいていた。それもそのはず急に兵士たちが戦の準備を始めたからだ。魔物が襲ってくるのだろうか?もしかして災厄の王?そんな不安な感情をいだきながら住民たちは避難をはじめる。


住民の避難がほぼ完了したころ城から精鋭の兵士たちを引き連れ王があらわれる。そして城下町の門へ進みながら兵士長へ声をかける。


王「兵の数は?」


兵士長「城外に3000人ほど!城下町に1000人、そして城内には我々が100人でございます!」


王「駅の封鎖は問題なかろうな?」


兵士長「問題ございません!」


そして、王と側近たちが城下町の門へ到着する。


王「奴らはどこにおる?」


兵「ここからおよそ、2キロほど離れた丘に奴らの姿を発見いたしました!」


王「ふん!たかが十数人でこのパラディン大国に喧嘩を売るとはw攻めて来たらひっ捕らえて全員牢獄にでもぶちこんでおけ!歯向かうようなら殺しても構わん!牢獄に入れたのち国家反逆罪でどのみち処分するのだからなw」


兵士長「は!仰せのままに!」



王「あとは任せた・・」


王はそう兵士たちに告げると城へと戻っていった。







その頃の「はっぴ~☆ぼっくす」・・・・




ベンキマン「しかしよう、普通国に喧嘩うるか?w」


わかば「アイラさんらしいと思うけどw」



ベンキマン(以下ベン)「だなwおーい!アイラ!」



アイラ「・・・ごめんwもう少し時間ちょうだい・・」


アイラは静かに目を閉じゆっくりと深呼吸をする。右手を左胸にあて何かを念じている。誰しも戦いの前は不安だ・・もしかしたら死ぬかもしれない・・大切な仲間を失うかもしれない・・・アイラはいつもそんな感情に負けないようにお祈りする。


アイラ「よし!いこうか!」


アイラ「いい!?みんな自分の身が危険になったら迷わず撤退すること!!死んだら許さないから!」


かるあ「はい^^」


セリ「ほ~い^^」


みんな頷いている。みんな巻き込んでごめんと心の中で呟く。


アイラ「あいたん、ルンルン助けにいこ^^」


あいたん「うん~^^」





アイラ「先手必勝!奇襲よ!みんなドルバイク準備オッケー!?」


するとメンバーがドルバイクを出し、一斉に乗る。


ドルバイク・・・あいたんが開発した新型ドルボート。文字通りバイク型で速度、馬力は通常のドルボの3倍!しかし、ドルセリンの消費は激しい。


あいたん「ボク・・・運転できない;;」


ライト「わたしも;;」


アイラ「誰かの後ろに乗ってw」



アイラ「あいたんwあれやってみようか?w」



あいたん「うん!やってみる!」


メンバー一同「????」




あいたん「マジカル☆ウェポン!!バズーカ!!」


するとあいたんの頭上にやや小さめで長いバズーカ砲が出現する。あいたんはバズーカの重さでフラフラしてる。


あいたん「重い~~~!」


アイラ「wwww」


ベン「しょうがねえな~」


そういうとドルバイクから降り、バズーカを肩に乗せ発射台になるベン。


ベン「これでいいか?」


あいたん「ん~、もうちょい右かな」


ヒロユキ「危険な香りがするべw」


ヤオト「アイラちゃん?あれは?」


アイラ「この前、できた~って喜んでいたからw撃つのは初めてだと・・」


あいたん「パルプンテボム(混乱)装填!」


セリ「わくわくw」


キュイイイイイイイン!!!という音をたて発射口が光りだす・・・





ガート兵「ん?あいつら何かしようとしてます!隊長!」


ガート兵が望遠鏡でアイラたちのことを監視している。


城下町の外を任されている隊長が兵たちに声をかける。


隊長「くるぞ!全員戦闘準備開始!」






あいたん「ファイヤー!!!!」



ドオオオオオオオオオオオオオン!!!!


物凄い閃光と爆音を響かせながら発射する!!もはや大砲というよりレーザービームに近い速度でガート兵3000人にむかっていく!


一緒に吹っ飛ぶチームメンバーw真下のベンは・・・あいたんは5メートルほど後方に吹き飛びのびている。



兵「何かきます!」


隊長「何かって何だ!!?」


その瞬間、兵の集まる中央付近で爆音とともに紫色の煙に包まれるガート兵。


一気に煙に巻き込まれた兵は混乱状態になる。




アイラ「・・・げほげほ、い、いこかみんなw」


小さなクレーターからむっくり起き上がるベン・・・タフだなと思うアイラ。


気を取り直してドルバイクに乗り込む一同。ベンはのびてるあいたんの頬をピチピチたたいて起こす。


あいたん「ん~ぐるぐる~w」


ベン「ほれ、乗れ!いくぞ!」


ベンの後ろに乗るあいたん。そして・・・



ベン「ドルセリンチャーーーーージ!!!」


大声で叫ぶベン!あいたんに対抗してるようだ。


ギンコ「時間の無駄。いこうアイラちゃんw」


アイラ「そうねwいくわよ!みんな!突撃~!!」


更に高い音をたてながら一気に加速して城門へむかうアイラたち!!


あいたん「ベンちゃん!はよう!みんな行っちゃうよ!!><」


ベン「・・・しまった・・・ここにくるまでに乗りすぎてドルセリンがない・・・」


あいたん「えー!そんな~」


ベン「走るぞ!」


そういうとあいたんを肩車して走り出すベン・・・







わかば「アイラさん・・・ベンさんが・・」


アイラ「・・・・ほっとこう」



兵「隊長!やつらが動きました!距離500・・・」


隊長「500!?ばかな!?早すぎる!!」


兵「凄いスピードです!このままでは」


隊長「体制を整えろ!」


兵「無理です!まだ大半が混乱してます!」



アイラ「いええええええい!」



見事、奇襲に成功したはっぴ~☆ぼっくす!しかし、相手の数は数千人。果たしてアイラたちは妖精ルンルンを奪還できるのか!?次回へ続く!!



登場人物紹介


ベンキマン・・・サブリーダーでチームのムードメーカーwカボチャをこよなく愛する前衛職。多数の伝説をもつ変態さんでもある。


わかば・・・ベンとは対照的で冷静で物事を冷静に判断できるサブリーダーw敏腕の僧侶でみんなに信頼されている。


かるあみるく・・・リーダーを常に支えチーム内の物事に対していつも協力的な無くてはならない存在。


セリ・・・チームのセクシー担当w頼めば何でも協力してくれる頼れるお姉さんwピンクアフロはいつもセリちゃんに興奮してるとか・・・


ライト・・・努力家!地道にコツコツ頑張っているのをリーダーはしっかり見ておりますw素直な性格。うらやましいw



ヒロユキ・・・チームの強ボス攻略担当w強ボス倒した数はチーム1!まさに強ボスキラー!


ヤオト・・・彼女の脅しスキルはリーダーにも勝るるも劣らないwアイラと強ボスにいくが、バサグランテとの3時間バトルはもはや伝説になりつつあるw


ギンコ・・・オシャレ!まさにオシャレ!wそして幅広い知識でチームを助けてくれる。彼女が魔戦をしてくれればほぼ負けることはないw




チーム「はっぴ~☆ぼっくす」メンバー募集


現在フリーでチーム探しているかた、ドラクエらぶだあああ!ってかたwわたし達と一緒に楽しみましょう~

希望者はわたしの自宅 ジュレ住宅村 うるわしの浜辺地区 7243-5
わたしが不在時はスライムチャイムにメッセージをお願いします~


もちろん、気軽に遊びに来てくださいませませ~


20130918-2250_90684621.jpg


超超お気に入りの一枚w全員盗賊w




ブログランキング参加してます~


先日も暖かいコメント多数いただきありがとうございます楽しみにしてくれる人がいる限りがんばるる!

ポチっと押して応援してくれたら嬉しくてもっと頑張れますw


banner.gif



それでは今日はこのへんで、またね~





スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

まずゎ記事の編集大変にお疲れさまでしたw
いつ見ても本当におもしろいw
もう5回ほど読みましたw

続き楽しみにしてますw

Re: タイトルなし

> まずゎ記事の編集大変にお疲れさまでしたw
> いつ見ても本当におもしろいw
> もう5回ほど読みましたw
>
> 続き楽しみにしてますw


ありがと~^^

そう言ってもらえるとすごく嬉しい^^

頑張って続き書くからまっててね^^v

ちょっとぉ☆

大作でわないですかぁ(*^▽^*)

文才を活かして、本格的に執筆活動で食べていけるカモカモwww

これが消えてしまったら凹みますよね""o(;ToT)o““

チームの皆さんへの愛情が、タップリ伝わって来ますよ♪
(*^▽^*)b

続き楽しみにしてます♪色々と忙しいと思いますが、無理し過ぎないで下さいねー☆
o(*^ω^*)oニパー☆

Re: ちょっとぉ☆

> 大作でわないですかぁ(*^▽^*)
>
> 文才を活かして、本格的に執筆活動で食べていけるカモカモwww
>
> これが消えてしまったら凹みますよね""o(;ToT)o““
>
> チームの皆さんへの愛情が、タップリ伝わって来ますよ♪
> (*^▽^*)b
>
> 続き楽しみにしてます♪色々と忙しいと思いますが、無理し過ぎないで下さいねー☆
> o(*^ω^*)oニパー☆


文才だなんてとんでもないw

色々と気遣ってくれてありがとね^^頑張って続き書きます^^v

おい!

ギャランティはよ!アポなし無断搭載してもらうと困るよ…(^o^)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。