スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

姉妹物語~フェアリータウン編~ ⑨

姉妹物語~フェアリータウン編~ ⑨

注)この話はわたしの妄想ワールドなので、実際に存在しない場所、アイテムなどが登場いたします。キャラクターの性格などもゲーム内と異なる場合がございます。ご了承くださいませ。



牢獄へと続く道を走るあいたん。走ることも辛いのに走り続ける。そしてついに牢獄を発見する。


あいたん「ルンルンー!!!」


耳を澄ましルンルンの声を聞き取る・・・いた!声の方角へ走り出す・・・そこにはランランそっくりの妖精がいた。



あいたん「助けにきたよwフェアリータウンに帰ろうw」


あいたんが先ほどのびている兵士からくすねてきた鍵で牢獄の扉をあけると、ルンルンがあいたんに泣きながら抱き着く。


あいたん「よしよし^^もう怖くないよ^^」





アイラの身体が光るとオーガから人の姿に戻る。そしてその場に座り込んでしまう。


アイラ「やばw疲れて動けないw」


その直後、ドタドタと複数の足音が聞こえる・・兵士!?アイラに抵抗する力はもう残されていない。



ゼクティ「アイラちゃん!大丈夫!?」


たなしん「アフロボロボロになるまで頑張ったでし!!」


アイラ「ゼクちゃ~ん;;もう歩けないよ~おんぶ~」


たなしん「ww」


ゼクティ「はいはいw」



アイラはゼクティにおんぶされながら1階へ・・・そして階段を降りきったときにばったりあいたんと再会する。


アイラ「あいたん!」


あいたん「お姉!」


アイラ「その子がルンルンねw・・・・一人でよく頑張ったわね・・・」


あいたん「うん!ボク頑張ったよ!」


お互い親指を立て微笑む。


ゼクティ「さあ!帰ろう!」



城を出て城下町にでるとはっぴ~☆ぼっくすのみんなが待っていた。手を振っているメンバーの元にいくと一人いないことに気付く・・・


アイラ「みんな無事ねwよかったw・・・あれ?ベンは?」


セリ「町の外で残った兵士追いかけて遊んでるw」


アイラ「・・・ほっとこう・・」


わかば「アイラさん、今回の戦いは実戦形式の訓練だということにして世間に公表するように元気そうだった兵士に伝えておきました。大国が一つのチームに負けたという事実が世には広まらないとは思います。」


アイラ「ありがと^^ガートはわたし達に貸ができたし、もう妖精さんたちを狙うことはないでしょうw」


あいたん「お姉、早くフェアリータウンにいこう!」


アイラ「そうねwじゃあ・・・いくわよ!フェアリータウン!!」


一同「おー!!」






フェアリータウン・・・



あいたん「ついたー!!」


フェアリータウンにつくとランランが待っていた。ルンルンはあいたんから飛び降りてランランのもとに走っていく。


長老「アイラ殿・・・そして皆さん・・・ありがとうございました。」


深々と頭を下げる長老。


アイラ「いえいえw・・・あいたん!!帰るわよ!」


長老「何もありませんがもう少し・・」


アイラ「わたし達、人間は長くここにいない方がいいわw」


アイラ達が帰ろうとフェアリータウンに背を向けた時・・・



ルンルン&ランラン「おねえちゃん達、ありがとう~!」


アイラ達は驚いて振り返る・・・



そこには妖精たちが満面の笑みで手をふっていた・・・ふとあいたんを見ると同じく満面の笑みで手を振り返している。




フェアリータウン・・・・そこにいくと誰もが笑顔になれる素敵な場所だという・・・


確かにそこには笑顔がありました・・・妖精たちの幸せそうな笑顔を見ると、つられて笑顔になり幸せな気持ちになります・・・


辛いとき・・・悲しいとき・・・そんな時はフェアリータウンに来てみるといいのかもしれません・・



気づけば季節はすっかり秋・・・ちょっとだけ、あいたんが大人になった・・・今年の秋は姉妹にとってそんな秋でした・・・




 Fin






20131010-2007_95078733.jpg



あとがき



書き終わったぜえええええい!!w


読者の皆様・・・本当に応援ありがとうございました

文章能力がないため、???な部分も多々あり自己嫌悪になったときもありましたが、全ては皆様の応援による励ましが力となり最後まで書ききることにつながりました。


チームの皆さん・・・全員出演できなくてごめんね~
本当は全員でて欲しかったのですが・・・なんせストーリー自体も大幅にカットしているため、全員の出番を書くことができなかったのです


たぶん・・フルで書くと20話こえると思われますw


次回の姉妹物語は今回学んだことを生かして、もっと皆様に楽しんでもらえるよう努力いたしますw


本当に最後までご声援ありがとうございました~次回作をお楽しみに~






ブログランキング参加中です!


いつも応援ありがとうございます

「ブログ見てます!」「がんばってください!」「あまり無理しないでねw」「続き楽しみです!」「更新はよ!」←わたしを元気に、そして幸せにしてくれる神秘の魔法の数々


ポチっと応援よろしくお願いします!

banner.gif  ←ここをポチっとw



それでは今日はこのへんで、またね~


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

お疲れさまぁw

まずゎ本当にお疲れ様でした。
アイラさんのブログを私ゎ1番楽しみにしてますw
時間がない中こんな楽しいブログを書くのゎ本当に大変だったろうな…と思い感動しました。
本当にお疲れ様でしたw
そしていつも楽しいブログをありがトロル♪

感動でした☆

ハッピーエンドで本当に良かった♪
(*^▽^*)v

アイラたんは、本当にチームの皆さんが大好きなんですね☆愛情もいっぱい伝わって来ましたよ♪
(*^ω^*)ウフフ

スピンオフ楽しみにしてますね(笑)
(*^ω^*)ナンチテーwww
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。